お知らせ | 不動産登記、境界の測量|静岡県の土地家屋調査士法人 葵事務所

静岡事務所
〒420-0841
静岡県静岡市葵区上足洗一丁目7番39号
沼津事務所
〒410-0048
静岡県沼津市新宿町16番地の3
054-248-1731 お問い合わせ

お知らせ静岡県の土地家屋調査士法人 葵事務所
不動産登記、境界の測量

土地の合筆ができない場合

土地の合筆というのは、ある対象の土地とその他の土地の筆を一つにすることを言います。合筆は場合によっては効果的な手法といえるのですが、ある特定の場合には合筆ができないこともあります。それはどのような場合を指すのかについて、少しお話をさせて頂きたいと思います。

まずは相互に接していない土地の合筆です。合筆ができるのは隣り合っている場合だけであり、遠く離れた土地の間で合筆をするというのは認められていません。また、地目が別々の土地の合筆をすることもできません。例えば、田んぼとして使用されている土地と宅地として使用されている土地とを合筆することはできません。所有者が違う土地の合筆をすることもできません。例えば、ある人の勝手な意思で他の土地との合筆をするということは認められていません。他には、ある土地には所有権が登記されていて、別の土地では所有権が登記されていない場合も合筆をすることができません。

土地家屋調査士法人 葵事務所では、土地の境界や面積を知りたいとき、土地を分けたいときやまとめたいとき、建物を新築・増築・解体をしたとき、あるいはこれから土地・建物を購入されるときに、不動産や土地の登記や測量についてお悩みの方に表示に関する登記をさせて頂いておりますのでお気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちらから