測量業務 | 不動産登記、境界の測量|静岡県の土地家屋調査士法人 葵事務所

静岡事務所
〒420-0841
静岡県静岡市葵区上足洗一丁目7番39号
沼津事務所
〒410-0048
静岡県沼津市新宿町16番地の3
054-248-1731 お問い合わせ

測量業務静岡県の土地家屋調査士法人 葵事務所
不動産登記、境界の測量

測量業務とは

私たちは、大規模な宅地造成計画に伴う測量から、
皆様の大事な不動産にかかる一筆地の境界確定作業まで幅広く、お客様のご要望に対応しております。

  • 現況測量
    土地の形状並びに面積を測量し、大規模開発から一筆地における境界確認作業等を進めるために必要不可欠である基礎資料を迅速かつ最新の技術でもって皆様方に提供します。
    現況(山、田畑、宅地等)や測量範囲の大小を問いません。卓越した技術で速やかにそのご要望に応えます。
  • 水準測量
    建築造成計画をする時には、現況土地の高低が必要となります。
    基準点を決め、現況の変化点の高さを現況図に反映させることにより計画立案に役立てます。
  • 立面測量
    当該土地のまわりの建物(形状・高さ・窓位置等)や電柱・電線等の位置・ボリューム等を立面的に測量いたします。
    主に、当該計画と対比させる検討資料となります。
  • 官民の境界確定 (官民査定申請)
    開発許認可あるいは分筆登記申請等の際に、所有地が公道や官有地に隣り合っている場合は、所轄としている関係行政への申請・確認が必要になります。
    私たちの申請件数は他社と比べて多く、また各行政担当者ともスムーズに取り行っていることもあり、極めて良好な関係を保っています。
  • 越境物測量
    民有地境界確定作業に伴い、境界線を越境している相互工作物等の有無を確認・検証する作業です。
    その証しとして越境物の覚書等を取り交わします。

測量をお考えの方はご相談ください

  • 自分の土地と隣人の土地の境界が
    どこにあるのかわからないとき

    境界が分からないと、土地の売買や家を建てる場合に必ずと言っていいほどトラブルが生じます。
    早い段階でお互いの土地境界を明確にし、書面として残すことをおすすめします。
    自分の土地と隣人の土地の境界がどこにあるのかわからないとき
  • 建物を建築したいとき

    建物を建てた場合、その建物の所有者は、新築から1ヶ月以内に『表題登記』の申請が必要になります。その申請により新築された建物の登記簿が作られます。
    ちなみに、建物を増築または一部を取り壊した場合も同様に申請が必要です。
    建物を建築したいとき
  • 道路又は水路等などの、公共用地との
    境界をはっきりさせたい場合

    土地の売買や譲渡などをする際に『境界確認』が必要となります。
    境界確認書の取り交わし完了までしっかりサポートいたします。
    道路又は水路等などの、公共用地との境界をはっきりさせたい場合
  • 土地を売買する場合

    土地・建物(分譲マンションは対象外)を売却する際には、トラブルを避けるために、
    隣地及び敷地が接する道路との境界を所有者にてはっきりさせる必要があります。
    土地を売買する場合

測量業務の利用シーン

土地の境界を確定させたいとき(土地境界確定測量)

土地境界確定測量は、境界が不明な場合に行う測量で測量結果を各種資料と照らし合わせ境界を確定させます。
お隣との境がブロックなどで仕切られている場合でも、【ブロック=境界線】という訳ではなく所有権の境という場合もあります。

  • 確定事由の発生
  • 土地家屋調査士へ委託
  • 土地家屋調査士が受託
  • 法務局・市町村区役所・その他調査
  • 測量
  • 参考資料等を照らし合わせ計算
  • 仮杭設置・イベント
  • 境界立会い
  • 境界標設置・協会確認書取り交わし
  • 成果納品

土地の現況を知りたいとき(土地現況測量)

この測量は、ブロック塀や生垣等で囲まれた敷地を測量するものです。
境界確定測量とは異なり境界立会などは行いませんので現況測量で算出した面積は確定面積ではありません。

測量した結果の地積が、登記簿記載の地積より多かった又は少なかった方で登記簿の面積を直したい方は、「土地地積更正登記」をしなければなりません。

  • 土地地積更正完了までの流れ
  • 土地家屋調査士へ委託
  • 土地家屋調査士が受託
  • 法務局がその他調査
  • 測量
  • 成果納品