お知らせ | 不動産登記、境界の測量|静岡県の土地家屋調査士法人 葵事務所

静岡事務所
〒420-0841
静岡県静岡市葵区上足洗一丁目7番39号
沼津事務所
〒410-0048
静岡県沼津市新宿町16番地の3
054-248-1731 お問い合わせ 葵事務所総合案内
こちら

お知らせ静岡県の土地家屋調査士法人 葵事務所
不動産登記、境界の測量

土地に関する手続きの種類はたくさんあるからこそ土地家屋調査士がおすすめ

土地を所有していたり、これから新たに住宅を購入するなど、土地を身近に感じたことがある人は、土地家屋調査士という存在をご存じだと思います。

しかし、そうではない人は土地家屋調査士という存在を見たことも、聞いたこともないと思います。

土地家屋調査士は、土地に関する手続きなどを行う専門知識を持ったスペシャリスト。

土地に関する手続きをいざ行おうとした時に、どんな手続きが必要なのか、手続きしなくてはいけないものが複数あって途方に暮れてしまうといった時に活躍するのが土地家屋調査士です。

土地に関する手続きは、色々なものがあります。

登記されていない土地の登記簿を作る申請は、土地表題登記というもので、1カ月以内に申請する必要があるものです。

ひとつの土地を2つ以上に分ける手続きのことを、分筆登記と呼び、逆に隣接する土地をひとつにする手続きのことを合筆登記と呼びます。

この他にも、土地の使用目的などに変更が生じた時には、地目変更登記、登記簿の面積と土地の実際の面積が違うときに行う実際の測量や、隣接地との境界を設置する境界標の設置、地図訂正なども必要に応じて行わなくてはなりません。

このような土地に関する手続きを専門としているのが土地家屋調査士で、土地に関する様々な疑問や相談に応じているのが、土地家屋調査士法人 葵事務所です。

土地に関する手続きなど困ったことがありましたら、いつでもお問合せください。

お問い合わせはこちらから