ドローン利用 | 不動産登記、境界の測量|静岡県の土地家屋調査士法人 葵事務所

静岡事務所
〒420-0841
静岡県静岡市葵区上足洗一丁目7番39号
沼津事務所
〒410-0048
静岡県沼津市新宿町16番地の3
054-248-1731 お問い合わせ

ドローン利用静岡県の土地家屋調査士法人 葵事務所
不動産登記、境界の測量

ドローン利用について

最先端技術を活用した「空撮」「測量」「調査」業務

当社では、ドローン(無人航空機)を活用した
「空撮」「測量」「調査」業務を行っております。

ドローン(無人航空機)を利用することで、
以前では難しかったアングルやロケーションの撮影が可能になり、
より伝わりやすい映像(オルソ画像等)をお客様にお届けいたします。

「JUIDA認定の操縦士が撮影」
「ドローン保険に加入」
「国土交通省の飛行許可承認済み」等々、

ドローンを利用する上で、必要不可欠な許可や資格なども整備されております。

使用ドローンのご紹介

空撮

高解像度の空撮事業

空撮

ワンカット撮影、複数カットの撮影などご要望に合わせて承ります。
撮影機体も豊富にそろえており、高解像の静止画や4K、5.2K動画の撮影が可能です。
屋外、屋内問わずにドローン空撮をいたします。

日本全国全域で国土交通省包括許可取得済。

日本全国全域で「人口集中地区」「第3者及び物件から30m未満の近接飛行」での包括許可(1年間有効の許可)を取得済みですので、お急ぎの空撮のご依頼でも対応が可能です。

※その他の条件では飛行毎に個別の国土交通省許可申請が必要になる場合があります。

詳しくはこちら

測量

3次元データによる土木測量事業

測量

土木工事における調査・計画段階から、施工管理、検査に至る全ての工程において、
ドローンによる 3 次元データの収集、データ加工・処理、活用を支援するサービスを展開しています。

3次元データ(3Dデータ)とは、地形や建物を3Dスキャナで読み取り、仮想空間上でデータが持つ位置情報に基づいて付置された点の集合が3D点群データです。

こうしたデータで形成された計測対象物の立体イメージやオルソ画像は、地点Aから特定の地点Bまでの距離の計測や盛土の体積算出、3Dモデル作成、図面作成、出来形管理などが行えます。

詳しくはこちら

調査

ドローンを用いた調査、点検業務

調査

太陽光発電施設調査、高所外壁調査や屋根損傷調査等を行っております。

ビルの老朽化や、橋梁などのインフラをドローンを使って点検することが可能です。

従来は人間が行っていた目視の点検作業をドローンが行うことができ、足場を組む必要がないため、時間、コスト共に大幅な業務効率を実現出来ます。
また、高所作業車が使用できない高い箇所の損傷箇所の確認(動画・静止画)が可能です。

詳しくはこちら